アクションのきっかけ

名刺というのは次のアクションのきっかけとして渡すという目的もあります。単に名刺交換をして、自分の名前や顔を覚えてもらうだけでは不十分です。大切なのはそれが具体的なビジネスの話につながるかどうかということです。名刺作成ではそのためのデザインや内容を心がけるべきでしょう。

たとえば実際に仕事の話をしたくなったときに、どこに連絡をすれば良いのか分かりやすくすることは大切です。直接連絡がとれる連絡先を掲載しておくと良いでしょう。電話番号だけではなくて、メールやSNSなどのアドレスも載せることが多いです。電話だと通じない場合が多く、最近は極力電話をしないというケースが増えているからです。

検索必要な情報は極力ウェブ上で調べてもらうようにするという考え方もあります。そのためにたとえば名刺に会社のURLのみを掲載しておくというやり方もあるのです。これによって、たとえば会社の住所を調べようと思ったら、そのURLにアクセスしてくれるのです。これによってサイトをチェックしてもらう機会を自然に作れるでしょう。

具体的にどのようなアクションをとって欲しいのかを考えて名刺を作るべきなのです。これについては、名刺作成業者に相談をすれば、目的に合った名刺を作ってもらえます。